センタイ会社

センタイは2000種類以上のブレーキとクラッチを生産しており、トルクは0.02Nmから1000Nmまであります。そのほか、お客様の注文に応じてカスタマイズ仕様の製品を、お求めやすい価格で提供しています。

創業以来、各種電磁クラッチ・ブレーキとそのアクチュエーター、無励磁作動ブレーキ、湿式多板クラッチブレーキ、電磁パウダークラッチブレーキなどの生産を携わってきて、創業当初からの研究開発精神に基づき、製品品質の向上を志しています。

当社のエンジニアたちは、お客様の注文に応じて製品を設計する。また、毎年売上の10%を新製品の研究開発に投資しています。なお、高透磁率材料、高摩擦係数と低消耗のブレーキパッドを使用し、製品の品質を高め、使用寿命を延長させる努力をしています。



icon-02.gif カスタマイズ設計

icon-02.gif 早速研究見本提出

icon-02.gif 完全なテストシステム

icon-02.gif 試験機多様性

 
 


会社沿革

1984年   資本金30万元で台中市復興路二段398巷198号で慶豊工業社を設立。社員1名で製品開発に携わていった。工場面積は33平方米。

1989年   台中県烏日郷渓南路一段460巷305号に移転。資本金600万元、社員10人、工場面積660坪。

1994年   湿式多板電磁クラッチ・ブレーキを開発、初めて日本に輸出。

1996年   電磁パウダークラッチを開発。10月に電動カートの安全ブレーキを10,000以上を生産。東南アジアでの市場へも進出。

1999年   工場面積を3960平方米に拡大、社員は35人までに増員。電磁パウダークラッチの開発に成功。

2001年   中国広東省に中国セールスセンターを設立。

2002年    ISO 9001:2000認証とCE認証を取得。安全ブレーキの開発に成功、アメリカへ進出。

2005年   輸出営業部を設立、仟岱の製品を世界中に販売。UL認証を取得。

2006年   工場面積を5000平方米までに拡大。社員は100人まで増員。

2011年   センタイ第二工場(7000平方米)を新設、社員を150人まで増員。

2012年   日本営業部を設立、日本へ本格進出。

2013年   永久磁石式ブレーキ・ヒステリシスブレーキの開発に成功。

2018年   日本の株式会社マツイと代理店契約締結。

2019年  月平均生産数が80,000台に到達


センタイ会社の品質維持研究チームは、信頼できる経験と革新的なアイディアを提供し、新しい技術及び試験用の機器と鋳型を研究し続けている。全製品においてISO 9001:2015、CE及びUL認証を取得している。100%安全性と故障ゼロを保証するため、出荷前も100%安全検査を実施している。


quality01.jpg


また、エコ概念に応え、地球を守るために、2005年からセンタイの全製品は全部欧州連合のRoHS規範を基準とする。


icon-02.gif弾力性生産

icon-02.gif出荷速い

icon-02.gif100% 安全検査

icon-02.gif原料受け入れ検査

icon-02.gifUL、CE、RoHS、ISO 9001 認證

                                                                                                                                  green-earth5.jpg.png